妊娠したら

子育てネウボラ相談員

更新日:

ネウボラ相談員

妊娠・出産から育児まで切れ目のない支援を行う「しながわネウボラネットワーク」の一環として、保健師・看護師・教員・保育士などの資格をもった「子育てネウボラ相談員」が児童センターでご相談にのってくれます。

ネウボラとは「アドバイスする場所」の意味で、 子育て全般の相談、子育てサービス情報の提供、他機関の紹介、希望者にはサポートプランを作ってくれます。

対象 区内在住で乳幼児をお持ちの保護者の方
申込み方法 下記児童センターに電話か直接ご予約下さい

施設名 所在地 電話番号
東品川児童センター 東品川1-34-9  03-3472-5806
大井倉田児童センター 大井4-11-34  03-3776-4881
平塚児童センター 平塚2-2-3 03-3786-2228
冨士見台児童センター 西大井6-1-8 03-3785-7834
八潮児童センター 八潮5-10-27 03-3799-3000

※上記の子育てネウボラ相談員による予約相談以外に、全児童センターでは、乳幼児から18歳までの子育てに関する相談が気軽にできます。

品川区HP/子育てネウボラ相談員
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000000600/hpg000000505.htm

ママさんレポート

平成28年から始まったネウボラさん。
いくつかの児童センターに、専属のネウボラさんが配置され、子育て相談にのってくれます。

利用の仕方は、ネウボラさんか配置されている児童センターに電話や受付で予約。(空いていればその場で相談も大丈夫とは思いますが)
一応、子どもの名前や年齢、相談の内容は?と聞かれますが、相談の内容はなんでもオッケー。

こんなことで相談に行っていいのかしら?とか思わず、ささいな事から何の相談か自分の中で分かっていなくても、なんだかモヤモヤすること、でもオッケー、とネウボラさんから言われました。他の人に話すことで何に悩んでいたのかがわかることも。

相談のお部屋は、専用の部屋があり、話しやすいようにくつろげる雰囲気作りがされています。
子どもと一緒に相談をする場合は、児童センターのオモチャを持ち込んでもいいし、飲み物などを飲みながら、もオッケー。

また、相談の内容は秘密厳守されるので安心です。児童センターの他の職員にも伝わりません。
何回利用しても大丈夫です。

私は子どもと一緒に行ったのですが、自然な子どもの様子を見て、発達の状態も確認してもらえて、安心しました。
気さくで話しやすくてよかったです。是非気軽に利用してみては?
一人でもんもんと悩むよりは、解決の糸口が見つかるかも知れません。

(投稿:2017年3月 3児のママさんより)

-妊娠したら
-

Copyright© 品川区の子育て支援情報サイト-しなっこねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.